ご希望の上場企業・上場会社情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

ビッグカンパニー
上場企業・上場会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

秋の上場企業・上場会社情報

勉強の秋!上場企業の株価変動に注目してみよう



秋は勉強の季節でもあります。投資をする人も増えてきた中、上場企業の株価について勉強してみましょう。株価の動向を調べると、その企業の将来性が明らかになります。株価を調査する就活生も少なくありません。株価変動の仕組みや、就活生が株について知ることのメリットなどをご紹介します。

上場企業の価値は株価に現れる

上場企業の価値は株価に現れる

株価は、企業の価値を表す指標です。東京証券取引所が提供している市場は段階や特色により分けられており、市場第一部と市場第二部、マザーズ、JASDAQ、TOKYO PRO Marketの5種類があります。市場第一部と市場第二部が主な株式市場ですが、東京証券取引所の審査を通過しなければ上場することはできません。市場第二部上場会社が市場第一部へ銘柄を一部指定するためには、株主数の多さや株券の分布状況の良さなど、企業価値が一定して高いことが必要になります。

上場企業の価値を表す企業価値を算出する方法に「インカム・アプローチ」というものがあります。「インカム・アプローチ」は、資産価値と将来価値の総和を企業価値とする方法です。資産価値とは、上場企業が保有している現金や不動産などのプラスの資産から、銀行からの借入金などマイナスの資産(負債)を引いたもの。将来価値は、将来的に株主が得られる利益のことを指します。しかし、貨幣の価値は数年後も同じではありません。「将来的に得られる貨幣の価値は、現在持っている貨幣の価値より少なくなっていく」という「金銭の時間的価値」という法則があるのが、ファイナンスの特徴です。この特徴を踏まえて将来価値を算出するには、「現在価値×(1+年利率)年数乗」という式を用います。こうして求められた将来価値に資産価値を足し、一株あたりに直したものが企業価値=株価です。

企業価値や株価が変動する理由は、大きく分けて2種類。企業の業績による要因と市場全体による要因とがあります。企業の業績による要因は、企業の業績が向上すると株主への配当金が増え、企業価値が高まり株価も上がるという仕組みです。反対に業績不振になると、株主への配当金が減り、企業価値が落ち株価も下落。このように、上場企業の価値は株価と密接に関係しています。市場全体による要因としては、国内外の景気の変動にあることなどが挙げられ、景気が悪くなると株価は下落し、景気が良くなると株価は上昇する傾向です。

秋は上場企業の株価が変動しやすい季節

日本の上場企業の株価は米国ダウ指数や季節に影響されています。特に9月は米国市場において株価が下がる傾向にある月です。米国の経済学博士ジェレミー・シーゲルによって、9月は経済の動向とは関係なく、株価が下落する傾向にあると明らかにされました。このことから、米国ダウ指数が下がると、日本でも連動して9月に株価が下がる可能性があります。

しかし、季節性のある商品を取り扱っている企業の株は「季節株」と呼ばれ、株価が下がりがちになる秋に比較的株価を上げる銘柄も少なくありません。秋は観光に適した季節でもあるため、交通機関やレジャー施設、アウトドアや観光に関連した商品を扱う上場企業や、下げ相場に強いと言われている食品を扱う上場企業の株価は上がりやすくなっています。

例えば、日本航空全日空などの航空会社、JTBやHISなどの旅行会社、キューピー日清食品ホールディングスなどの食品会社。株価が全国的に下がりやすい秋のために、秋に強い「季節株」を保持することは投資家が実践している方法のひとつです。これから投資を始める人や、投資を始めたばかりの人は、上場企業の株価変動の仕組みと季節との関連性について知り、秋には秋に強い「季節株」を購入すると良いでしょう。

上場企業に就職したいなら株価もチェックしてみよう

上場企業の新卒採用は、春や夏だけでなく秋以降にも力を入れるようになりました。理由としては、就活が夏に集中するため、説明会をキャンセルする学生や辞退する学生などが相次ぎ、企業が採用目標人数を達成することが困難になるため。また、上場企業が秋採用を開始するねらいとして、選考の集中する時期をずらし、他企業との学生の奪い合いを避けることも目的のひとつです。

志望する上場企業の株価をチェックするメリット

企業研究の一環として希望する企業の株価を調べる就活生も増えてきました。中には、企業の株を買う学生もいるほどです。株価は企業の市場における価値でもあり、企業に成長する見込みがあるかどうかの指針でもあります。入社を志望する企業を決める段階で、候補となっている上場企業の数年分の株価変動をチェックしてみるといいでしょう。数年にわたって、株価が上がっている企業は今後も業績が良好である可能性が高いです。反対に株価が下がっている企業は、業績が不振であると言えます。このように、株価をチェックすることで企業の経営状態を把握する助けになるでしょう。しかし、株価の推移だけで就職する企業を決めるのではなく、あくまでも参考としてチェックすると良いです。

企業のライフサイクルをチェックしよう

企業のライフサイクルは主に4つ。導入期、成長期、成熟期、衰退期と呼ばれる段階があり、株価の推移を調べることは「その企業がライフサイクルのどの段階なのか」を予想するために必要です。企業が上場するタイミングは、サービスや商品が市場での認知度を獲得し飛躍的に売り上げが伸びている成長期にあたります。株価が大幅に上昇するのも、成長期です。その後、業績が安定する成熟期があり、株価もほぼ横ばいで推移していきます。衰退期は市場での需要が減りはじめ、売り上げも減少してくる時期で、株価も下がってくる段階です。その後、経営状態を立て直し売り上げが回復する企業と、そのまま衰退していく企業があります。衰退期から再生した企業は、成長期よりも株価が上がる場合も少なくありません。就活生は、企業の株価がどのように変化しているのかを長期的に調べることで、企業のライフサイクルを予想できるため、就職先を決める判断材料にしてみましょう。

ロード中
ロード中
ロード中

食欲にスポーツにと「秋」には色々な枕詞が付きますが、ビジネスの現場で働く人にとってはさらなるキャリアアップを目指す「学びの秋」がしっくりくるのではないでしょうか。社会人を対象にしたビジネススクールでは秋学期が始まることもあり、改めて自分のスキルアップに取り組む人も多いと言えます。
また、キャリアアップを意識するにつれ、同じく仕事と生活のバランスを見つめ直す機会も増える時期です。新たな学びと共に、仕事もプライベートな時間もより充実させるライフスタイルをスタートしてみてはいかがでしょうか。

社会人のためのビジネス講座①

社会人のためのビジネス講座①

上場企業や一流企業で仕事をする人にとっては、さらなるスキルアップを目指せる社会人向けのビジネススクールは頼りになる存在です。週末や終業後に通えるスクールをはじめ、インターネットを利用して空いている時間に講座を受けられるスクールも増えてきていますが、すでに職を得ながらもビジネススクールで学ぶ理由とは一体何なのでしょう。

そもそもビジネススクールというのは、国際的には「経営学及び関連した科目を教える学部や大学院レベルの高等教育機関」のこと。

日本においては経営学の大学院修士課程や専門職課程を指す場合がほとんどで、欧米諸国のビジネススクールは日本語で主に「経営大学院」と訳され、欧米には世界的にその名を知られる有名校が何校も存在します。

国内では1978年(昭和53年)に慶應義塾大学が経営学修士コースとして社会人向けに2年制の修士課程を設置したのが最初で、その後、国際大学筑波大学一橋大学大阪大学といった数多くの大学が同様のコースを設置しました。

しかしながら日本で最初に経営を教えたのは明治時代の三菱商業学校と言われており、日本国内においても古くから専門的に経営を学ぶ場は存在していたのです。

なお、世界最古のビジネススクールは1819年(文政2年)にフランスのパリで設立されたESCP EUROPEで、アメリカ合衆国では1881年(明治14年)に設立されたペンシルバニア大学ウォートン・スクールが米国初のビジネススクールとなっています。

こういった国内または国外の大学院で経営学を学ぶ他、学位取得を目指した社会人向けの専門学校やセミナーも多数存在し、ビジネススクールを卒業することで手にできる資格こそがキャリアアップやより良いポストに就くための近道だとされています。そのため仕事熱心なビジネスマンにとっては、資格取得を目標にビジネススクールで学ぶことは大きなメリットがあると言えるでしょう。

社会人のためのビジネス講座②

ビジネススクールで学ぶことによって取得できるのが経営学修士(MBA)などの学位で、MBAの取得はビジネスでエリートを目指すために必要な条件と言えるでしょう。実際にMBAは日本でもよく耳にするワードですが、ここでMBAについて簡単に説明します。

MBAとは

MBAは「Master of Business Administration」の略。これは税理士や公認会計士といったような業務独占資格ではありません。MBAの学位を取得するにはマーケティング、アカウンティング、ファイナンス、経済学、ビジネスプラン、経営戦略、人事戦略などビジネスのあらゆる分野を幅広く学び、すべてのクラスで出された課題をパスする必要があります。つまりMBA取得者というのはビジネスのあらゆる分野に精通した者であるということを示し、実際にアメリカの上場企業では部長職の約60%がMBA以上の学位を保有しているとの統計もある程。

なお、ビジネススクールを評価・認定する機関としてはAACSB、AMBA、EQUISの3機関が有名で、MBAを取得するにはこれらの3大国際認証を受けたビジネススクールで学ぶのが一般的です。

つまりMBAを取得していれば企業を経営するのに必要な能力を身に付けているという証明にもなり、国際的にも通用する資格です。そのため企業側もMBA取得者を優遇する傾向にあり、その傾向は外資系企業の方が顕著と言えるでしょう。

なお、ビジネススクールへの入学には2年以上など一定期間の実務経験を条件にしている学校がほとんどです。そのためビジネススクールへ通う人の年齢は幅広く、25歳から60代前後までと様々な年齢の人が同じ目標を持って取り組んでいます。

ワーク・ライフ・バランスの日

ビジネスマンやキャリアウーマンの間で数年前からよく使われる「ワーク・ライフ・バランス」という言葉ですが、これは「仕事と生活の調和」という意味。

近年では各都道府県が仕事と生活の調和が取れる職場環境を実践している企業を「ワーク・ライフ・バランス認定企業」として認定するなど、企業やそこで働く個人にとっても意識すべきテーマと言えるでしょう。

2006年(平成18年)には公益財団日本生産性本部によって毎年11月23日が「ワーク・ライフ・バランスの日」と設定され、仕事以外の生活の重みも改めて認識し、全体としてバランスの取れた生活を送ることが重要であると認識するための記念日となっています。

なお、日本でのこの取り組みは少子化対策や男女共同参画の文脈で語られることが多いものの、出生率向上や男女均等政策、さらに労働時間政策といった働き方の全般的な改革にかかわっており、現在、官民を挙げて様々な取り組みがなされているのはご存知でしょうか。その代表的なものが、政府が推進している「カエル!ジャパンキャンペーン」で、企業やそこで働く人、国、地方公共団体が一体となって仕事と生活の調和が実現できる社会に向けて取り組もう、という内容の運動です。

ちなみにこのキャンペーン名に冠されている「カエル」には、「働き方を変える・現状を変える」という意味が込められています。


現代のビジネスマンは、いろいろなスキルを身に付けているほど仕事をする上で有利に働きますが、とりわけパソコンのスキルは仕事をする上で欠かせません。同様にマナーについても、社会人として最低限のものは身に付けておく必要があります。秋には仕事に関係する日として「パソコンの日」と「マナーの日」がありますので、関連性をご紹介します。また、防災の日に合わせて、オフィスビルの防災設備についてもご紹介します。

パソコンの日(9月28日)

パソコンの日(9月28日)

今やパソコンは、仕事だけじゃなく生活にも必要なツールになっています。コンピューターがパーソナル化したのは1970年代で、ヒューレット・パッカードやアップルなどが小型のマイクロプロセッサーを搭載した小型コンピューターを発売し、個人向けの市場を開拓していきました。日本ではNECが個人用として価格的にも手が届きそうな「PC-8001」を1979年(昭和54年)9月28日に発売し大ヒットしたことで、この日が「パソコンの日」に制定されました。その後、同社は改良を重ねて8000シリーズのラインアップを完成させ、パソコンブームに火を付けました。80年代には、IBMや日本の大手家電メーカーがパソコン市場に参入し、90年代にはマイクロソフトが新しいOS「Windows」を発表して、パソコンの普及が急上昇したのがこの頃です。発売当時、個人用コンピューターは、「マイコン(マイコンピューター)」と呼ばれていましたが、日立製作所が1969年(昭和44年)開発したミニコンピューターには、すでに「パーソナルコンピューター」の名称が使われていました。

現在のビジネスマンは、ほとんどの方がコンピューターを操る時代で、パソコンの性能も飛躍的な進化を遂げています。さらに、インターネットやクラウドシステムなど情報ネットワークが整備され、会社に居なくても外出先や自宅で業務が行なえます。

マナーの日(10月30日)

マナーは私たちが生活を送る上で、欠かせない礼儀作法です。慶弔マナー、テーブルマナー、贈答のマナーなど、いろいろなマナーがありますが、ビジネスマンやOLにとってはビジネスマナーや接客マナーは必須。こういったマナーを見直し、生活に役立てるよう呼びかけを行なう日本サービスマナー協会が設立され、この日を「マナーの日」としました。同協会では、接客サービスなどの研修や認定資格講座、検定試験なども実施しています。

企業で働く人は、認識がなくてもほぼ一日中マナーにかかわっています。通勤電車、オフィス、接客、メールを始め、喫煙者であればタバコ、女性では身だしなみや化粧のマナーがあります。これら一般的なマナーに加え、会社では独自の規則もあり、決められことをきちんと守ることが社会人としての第一歩なのです。そのため、新人研修や中間管理職研修など人材教育を通して、マナーの遵守を徹底していく企業が多くあります。特に、社会経験のない新入社員などは社会人としてのマナーを身に付けることが大切。マナーは私たちが生活したり仕事をしたりする上でのルールやモラルであり、お互いに気持ちよく過ごすための礼儀でもあります。社会人として立ち振る舞えるよう、しっかり身に付けましょう。

防災設備

オフィスビルでは、消防法に基づいて防災設備を設置しなければなりません。地震や事故などで火災が発生した場合、社員を安全に避難させ、被害を最低限にくいとめるために様々な機器の設置が必義務付けられています。

防災設備を大別すると、自動火災報知器などの警報設備、消火活動をするための消火設備、避難のための避難設備に分かれます。警報設備は、火災を感知して警報音や音声で火災を報知します。消火設備は、スプリンクラーや消火器、消化栓など消火活動のための設備で、火災の延焼を防ぎます。火災の発生では初期消火が重要となるため、屋内と屋外に消火栓設備が必要です。避難設備は、避難はしごや救助袋、誘導灯など屋内の人たちが避難するための設備で、高層ビルでは屋上にヘリポートを設置しているところもあります。

消防法以外に、防火扉など建築基準法で規定されている設備もあり、さらに市町村の条例にしたがって必要設備の設置を求められることもあります。


上場企業の秋は、新入社員の採用や中間決算など多忙な季節を迎えます。また、ちょうど半期を終えた時期とあって、事業や経営の見直しもこの時期に行なわれることが多いです。

内定式

内定式

一般企業では、秋には採用活動の終盤を迎えます。そして倫理憲章で定められた解禁日である10月1日に正式な内定通知を学生に渡す内定式が開かれます。企業から「採用内定書」を学生に渡し、学生からは「承諾書」を受け取ります。この儀式は、企業側が学生に対し、4月から社員として働いてもらうという意思表示であり、学生も入社する意志があることを確認し合うものです。内定式では、社長や人事部長などが挨拶を行ない、内定書を授与したあとに業務内容の説明、各種手続きなどが行なわれ、最後に内定者懇親会として食事会で親睦を深めたりするのが、一般的な流れとなっています。

内定式の段階では、まだ企業と学生の間柄となるため、挨拶が人事部長だったり、学生が皆リクルートスーツだったりして、入社式ほど厳格な雰囲気ではありませんが、学生にとっては入社式と同じくらいの緊張感があることでしょう。企業によって内定式の内容が異なり、先輩社員との交流や会社の施設見学、個別面談などを実施する企業もあります。この他に、内定式で制服を採寸したり、健康診断を行なったり、業種によっても違いがあります。また、内定式を開かない企業も少なくありません。

内定式の会場は、本社など企業の施設が多く、採用数が多い企業では複数の場所で開くところもあります。一般的な所要時間は1~2時間で、多くの企業は午前中に開催し、お昼頃に終わって懇親会ランチというパターンが多いようです。

企業としては、フレッシュな人材を確保したことで、次にどう育成していくかが大事なポイントになります。

屋外広告の日(9月10日)

屋外広告の日(9月10日)

街を歩いていると、ビルに掲げられた大きな看板が目に付きます。9月10日は、こうした看板など屋外に掲げられた広告物にちなんだ「屋外広告の日」です。1973年の9月10日に屋外広告物の法律の一部が改正され、屋外広告業が定義づけられました。屋外広告業者は届出制となり、勝手に屋外広告物を取り扱えなくなりました。この法改正を機に、一般社団法人日本屋外広告業団体連合会(日広連)が9月10日「屋外広告の日」と定めました。翌1974年から、日広連と、一般社団法人全日本ネオン協会、一般社団法人ディスプレイ業団体連合会と共催して、屋外広告業界の振興などを目的にキャンペーンを開始しました。キャンペーンでは、屋外広告に関する標語を募集したり、ポスターを制作して掲示するなど、全国的に屋外広告に関する理解をアピールしています。また、9月1日~10日までの10日間を「屋外広告美化旬間」としてキャンペーンの拡大を図っています。

看板、ポスターなど屋外広告は、不特定多数に企業名やブランド名、商品などを伝える手段として効果的で、最近は立体的に見せたり、マルチビジョンなどを利用して動画を見せたりなど、演出効果に工夫が凝らされています。また、都市景観との関係も深いことから景観美を損なわないような工夫もされています。

中間決算

中間決算

春に新年度を迎える大手企業の多くは、ちょうど秋に中間決算を迎えます。多くの企業は公的機関に合わせて4月から新年度となるため、9月が中間決算の時期に当たり、上半期の実績を公表します。上場企業では通常、3ヵ月単位の四半期決算としていますが、上半期の業績を受けて、中間決算を公表するのが一般的となっています。

中間決算では、毎年年度末に行なう本決算と同様、様々な財務諸表を作成し、詳細の情報開示が行なわれるのが普通です。作成された財務諸表は、監査法人や公認会計士の監査を受けます。中間決算によって上半期の数字が出揃うと、本決算での目標値に対して上方修正や下方修正を行ないます。財務状況を明らかにすることで、上半期の事業の進捗や経営状況を把握し、下半期に向けて事業戦略を立て直したり、経営の合理化を図ったりするための判断材料となります。また、多くの企業では中間配当制度を導入しており、中間決算時には中間配当を出しています。

中間決算の内容はホームページなどでIR情報として、投資家などに広く公開されます。